スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでデザイナのつもり?

コンピュータ - ある。Photoshop - ある。自由な時間 - ある。今日これらがデザイナーに必要なものようにおもわれます。私はソフトウェア、コンピュータ、および自由な時間よりも、デザイナーであることに必要なものがもっとあると思います。それは批判的思考スキル、設計規則の理解、グリッドシステム、タイポグラフィーの知識を持つことがデザイナーにはるかに必要なんです。

批判的思考スキル

デザイナーは論理的で、研究、設計のバックアップができる必要があります。批判的思考はデザインのバックボーンです。批判的思考できることが、Photoshopを使って5分でロゴを作ることがでる10歳の子供とデザイナーの違いです。意味や概念のないデザインは単なる装飾です。

原則デザインの理解

バランス、割合、リズム、強調、団結。設計の原則は、デザイナに基本的な道具と効果的なデザインをを提供します。良いデザイナーをは特定の原則をうまく使いしメッセージを伝えたり強調たりします。

デザイン知識とアートの歴史

デザインとアートの歴史の幅広い知識はデザイナーに新しい革新的なデザインや参考やインスピレーションの確固たる基盤を与えます。すでになされていることの知識がないデザインは素朴に見えることもあります。

サウンドタイポグラフィの理解

タイポグラフィは考え、レイアウト、デザインをよくも悪くもします。良いデザイナーは書体の異なるクラスに精通し、それらがどのようにメッセージを伝えるか理解し、タイポグラフィを正確に把握する必要があります。

グリッドシステムの知識

デザイナーは異なる種類のグリッドシステムと、それらがどのように組織的構造をもたらすことができるかをを認識する必要があり。グリッドシステムがなければ多くのデザインは混乱してしまいます。

スケッチ&デッサン

デザインのプロセスは常に大まかなアイデアケッチやイメージのメモから開始する必要があります。しかし、コンピュータの使い過ぎや忙しさなどで多くの場合、そのスケッチを見落としがちです。個人的な意見ですが、良いデザイナーは常にスケッチから開始します。

コミュニケーションや付き合いのスキル

商業的な(ビジネスの)デザインでひつよなものは人との付き合いです。もっと具体的に言うとクライアントです。デザイナーはクライアントが引け目を感じることなく理解するように、明確にデザインについて説明できる必要があります。

知識色の理論

デザイナーはカラースキーム、カラーハーモニーの強力な知識が必要です。

[So You Call Yourself A Designer?]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。