スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイポグラフィ/デザインの単純な決まり

ここでは、Webや印刷上のタイポグラフィを改善するいくつかの基本的なルールを紹介します。もちろんこれらのルールは初歩的なもので、ルールは破られるためにあります。しかし、もし何かきれいで清潔、一般的にはよく見える設計を読みたければ、この記事は役にたつでしょう。

あまりにも多くの書体を使用しないでください

書類やサイト全体の一貫性は役に立ちます。それは統一と1つのアイデンティティ。それは整ったきれいさにし、基本的に乱雑に見えなくなります。良いルールの1つは書類に3種類以上複数の書体を使用しないこと。

階層

タイポグラフィーではページの階層に細心の注意を払うことは常に重要です。最も基本的なことは見出しは大きいめのサイズでページの上部に配置することです。ひとがページを見たときに最初に目にはいってくるものの問題になります。デザイナーとして我々は常にコミュニケーションを意識していなければなりません。これはすべてのデザイナーの一番大切な課題となります。

フォントサイズ

書類やWebサイトで使用するフォントサイズは4つ以下です。好ましくは3以下。もう一度いいますが、このは一貫性の問題です。あまりにも多くのコピーのサイズは、書類をとりとめのないものにします。 3という数字はテキストを強調するのに十分なバリエーションをあたえ、特定のテキストを分類することができます。たとえば、1つは紹介文、1つは本文、そしてもう1つは引用文など。これは全体に一貫性をあたえます。

8 - 10ptボディコピー

常に本文のサイズはこれくらいの間を維持しましょう。するときちんと整頓され、きれいに見えます。12ポイント以上はダメ。

読めない書体は書体ではありません

芸術的な書体というものがありますが、良い標準的コピーのためには、みなさんシンプルにいきましょう。読めなくては意味がありません。これは確かに本文の場合です。ポスターや最高の見出しには実験的な書体にしましょう。それらが大量の文章ではうまく受け止められませんから。

リード

リードとはつまり行間のことです。自動設定だけしてしまえばそ簡単なだけに非常に多くのデザイナーが忘れがちではあります。しかしこれだけ忘れないでください。行間は書類よくも悪くもします。行間には最新の注意を払ってください。個人的にはひとつの行の高さはフォントサイズの1.5倍くらいが好きです。どちらにせよ文字が重ならないで、行が開き過ぎない程度にしなければなりません!

カーニング

カーニング文字間の間隔です。リードと同様、この明白な1つのように思えるが、これにも細心の注意が必要です。あなたの使っている書体が一般的に間隔をあける必要があるのか、狭まる必要があるのかを考慮してください。しつこいようですが、文字が重なってはいけません。

アクセントや強調

これはまた、大量のテキストのセクションをブレークキーの言葉を引き出すことができます。コピーの大塊はかなりの理想的な人が恐ろしいことになりがちスキムミルクを好む。微妙な重点キーの言葉を引き出すことができます。異なる色の、少しかもしれない、またはフォントのは少し大胆なバージョンの濃い素晴らしいテクニックがあります。

強調しすぎないでください

テキストの体内で重視すべきである、シンプルでエレガント。私はどちらかを太字、斜体、または下線を使用します。すぎると、ちょうどページの外観を乱雑になります。

本文では大文字のテキストをつかわないでください

これは単純です。決して本文では大文字を使用しないでください。大文字だけの文は漫画だけでしょうか。

常にベースラインへの配置

単純な水平線内のテキストを保持。これは別のボディテキストのルールを再度かなり明白なようです。理想的には全体のベースラインのグリッドを使用します。

左寄せで右はギザギザ

常にテキストを左揃えにし文字間を開かせないよう。これにより、読みやすく決してかっこ悪いことはありません。特に小さな列の間で文字間を開かせるとの巨大なギャップや川を作ってしまします。これはしないでください。

行が長すぎず短いすぎず

行の長さも重要です。これは読みやすさを助け、上または下にテキストの大規模な体のライン滑りをあなたの目を防ぎます。マイルールは、1つの行に満たない6ワード、または12以上になっていないということです。ページで使用して列が、この構造を容易にするため。お客様のページは、より読みやすい滑らかな印象になります。

句読点とビュレット (記号)

句読点や箇条書きで簡単にタイポグラフィーで忘れてしまうものです。モダンなデザインのソフトウェアが私たちこれを正しく処理するために簡単にしていません。箇条書きを、理想的には、ページの余白にする必要があります。探しインデント。同様に、句読点の余白のようにもする必要があります。マークBoultonsサイトから下記のイメージを完璧に示しています。

フィボナッチ数シーケンス

最初の2つのフィボナッチ数を0と1のそれぞれの数値は、前2の組み合わせですです。これらの数字はお互いに自然な視覚的な優雅さが意図しています。ルネッサンス以来、多くのアーティストや建築家におおよその'黄金比'を自分たちの作品のとれたている。タイポグラフィのためにだけに、選択したポイントサイズの構造体へのこれらの数値を使用して検討するための良い提案です。それはあなたの文書全体を自然な優雅さを与える。

0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144…

[Simple rules for good typography] [10 common typography mistakes]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。